ステルスフランチャイズ|ラーメン店舗のコンサルティングなら国際ラーメン協会にお任せください

国際ラーメン協会
お問い合わせはこちら
ラーメン店舗オーナーコンサルティング

ステルスフランチャイズ

ステルスフランチャイズとは?

ステルスフランチャイズとは?
同じ看板を掲げる一般的なフランチャイズ店とは異なり、お客様からはフランチャイズだと分からないように営業することが「ステルスフランチャイズ」です。ちなみに、ステルスとは「こっそり行うこと」という意味です。
ステルスフランチャイズが誕生した理由には、コンビニを中心とした加盟店の自由度のなさが問題になったことなどが挙げられます。
ステルスフランチャイズは最近はじまった新しいビジネススタイルと思う方も少なくないようですが、かなり前から「フリーネーム」「フリーブランド」などという名称で、飲食業界を中心に同じような方法でフランチャイズ展開している例はたくさんあります。
pict

店名などが自由に決めれる

店名などが自由に決めれる
ステルスフランチャイズなら、店名などのブランドを自由に作ることができます。
各食材メーカーと食材供給契約を交わすことで安定した食材供給が実現でき、そのうえで自由な経営を行えます。
pict

フランチャイズの胴元になれる可能性も

フランチャイズの胴元になれる可能性も
自分が作ったブランドでお店を繁盛させることができれば、フランチャイズの胴元として全国展開させることも可能です。

フランチャイズ展開のパターン

パターン 概要
(1)フルパッケージ型・ビジネスフォーマット型 定番のフランチャイズのスタイルです。
具体的には、本部より開業から運営にいたるまでの継続的な支援や指導を受け、決められたパッケージのもとで営業を行います。
未経験でも短期間でビジネスを成功させられる可能性が高い分、開業コストやロイヤルティが高額になる傾向にあります。
(2)開業請負型 別名「開業プロデュース」「パッケージライセンス契約」「開業支援コンサルティング」などとも呼ばれています。
初期費用としてプロデュース料やコンサルティング料などを徴収される分、ロイヤルティに関しては無料もしくは少額になるのが一般的です。
開業までは重点的な支援が行われますが、その後の継続的な経営指導が行われることはほぼありません。
フルパッケージ型とは異なり、業界での経験者が利用するケースが多く、未経験者が「開業請負型」を選択した場合は、開業後にサポートが受けられないということで本部とトラブルになるケースが多いため注意が必要です。
国際ラーメン協会も「開業請負型」に近いスタイルをとっていますが、加盟金は不要で業界未経験者でも成功できるように支援・指導をしっかり行います。
(3)商材提供型 本部が製品の販売量を増やすために展開するスタイルで、アパレル販売や雑貨販売や100円ショップなどのフランチャイズが「商材提供型」に当てはまります。
商品の仕入れは本部もしくは指定業者に限られ、本部からの支援もそこに限定され、看板も自由に決められるケースがほとんどです。
「開業請負型」と「商材提供型」を組み合わせて「ステルスフランチャイズ)」「フリーネーム型フランチャイズ」と呼ばれるスタイルもあります。
国際ラーメン協会が行う支援も「商材提供型」に該当します。
(4)のれん分け型・社員独立型 該当店で勤務をし、必要な能力が備わったことが認定された後に独立するスタイルです。
一定期間教育を受けてもらうことで、独立希望者の資質を見極めることができるメリットが本部側にはあります。
はじめから独立を希望して勤務を継続しても、資質によってのれん分けが認められないケースもあります。近頃では、一昔前の修行のような形ではなく、一定期間給与を支払い業務体験してもらい、独立希望者の資質を見極めたうえでフランチャイズ契約を実行する、インターシップ形式を採用しているチェーンも多く見られます。
フランチャイズ展開にはさまざまなパターンが存在しています。
国際ラーメン協会では、お客様の要望もしっかり聞いたうえで最適な開業スタイルをご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。
  • Facebook
  • Twitter
お問合せフォーム

PageTop